公開中のソフトウェア

DicDB
オリジナル辞書・用語集を作成・閲覧するための
データベースソフトウェアです。

StanStop
指定したアプリケーションが起動している場合のみスタンバイや
スクリーンセーバーを一時的に抑止するソフトウェアです。

2016年06月05日

解凍か展開か?

“解凍”と呼ぶのはおっさんだけ? Twitterで“解凍”派と“展開”派の争いが勃発
新人社員が“圧縮”“解凍”を知らないという問題が、おっさんに飛び火
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/759537.html


「解凍」か「展開」のどちらの言葉を使うかと問われれば、
「解凍」の方を使っています。

その理由は、アーカイバー(圧縮・解凍ソフト)が「解凍」という言葉を使っていたから。
「展開」という言葉は最近のエクスプローラーで使用されている言葉です。

かつて使用されていたLZHファイルはエクスプローラーでは解凍(展開)することができなかったので
アーカイバー(圧縮・解凍ソフト)をインストールせざるをえなかったのですが、
最近ではLZHは脆弱性の問題もあり殆ど使われなくなりました。

かわりにZIP形式が主流となり、OS標準機能で圧縮・展開ができるようになったので
積極的にアーカイバーを導入する必要がなくなったと思われます。
展開という言葉を使う人は、LZHを使う機会がなくなった世代で、OS標準機能で完結できている人ではないかと思われます。

とはいえ、現在でもアーカイバーソフトでは国産ソフト「Lhaplus」の使用が多く
(窓の杜のダウンロードランキングを見ると上位に来ているので)
まだまだ「解凍」という言葉は使われ続けているようには思います。

ちなみに海外ソフトである7-Zipは日本語化すると「展開」になってました。
posted by xorbit at 21:33| Comment(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。